診療放射線部

本院は高性能な最新検査機器を駆使して、脳神経の状態を画像で再現し、早期発見・早期診断・早期治療のため、診療放射線技師を365日24時間いつでも検査できるように待機させています。

MRI(磁気共鳴画像) Signa HDxt 1.5T(GE社製)

磁力と電磁波を使って脳、脊髄、その他の臓器を画像にする検査です。設置されている最新のMRIは静磁場強度では最大級の1.5テスラを有する高性能なものです。脳神経の画像を高品質で提供できるだけではなく、わずか5分という短時間で脳内の血管を撮影することが可能で、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤を破裂する前に高確率で発見することができます。(黄色矢印)

 

マルチスライスCT Bright Speed Elite SD(GE社製)

X線を用いて、体の断層像を得る検査で、体内で得られた情報を最新のコンピュータ技術で処理し、2D、3D画像として表示する装置です。設置されているCTは体軸方向に16列の検出器を配する最新の検査装置です。

 

DSA(血管撮影装置) Trinias B12 package(島津製作所 社製)

ソケイ部または上腕の動脈からカテーテルを、目的の脳血管まで挿入して、造影剤を注入しながら撮影します。脳血管がよく見えるように頭蓋内の陰影を消してしまうDSA装置を使っておこないます。またカテーテルを通して脳動脈瘤や脳動静脈奇形、血管の狭窄を治療する血管内治療もおこなっています。

住民の皆様に信頼され、愛される病院を目指して

  • 外来受付時間
    午前8:00〜11:00

    外来診療時間
    月〜金 8:30〜17:30
    土 8:30〜12:30

  • 当院は『在宅復帰支援』につながる
    ●回復期リハ病棟
    ●訪問看護ステーション『さくら』
    (介護保険事業所番号:4661890063)
    ●地域包括ケア病床が併設されています。

  • ID Link公式サイトはこちら

    地域医療連携サービス「ID-Link」を導入しています。
    医療連携ネットワークに参加しているため、診療情報を共有し一貫した医療が可能となります。また、重複した薬の処方