病院沿革

昭和62年11月

串木野市桜町に救急医療センター開設(10床)

昭和63年10月

19床に増床

平成02年02月

脳神経外科センターと改称(25床)

平成04年04月

病院群輪番制病院に指定

平成05年11月

40床に増床

平成10年08月

日本脳神経外科学会専門医指定訓練場所に認定

平成12年04月

現在地に移転(一般病棟40床・療養病棟24床)

平成12年12月

開放型病院の承認

平成20年03月

療養病棟から回復期リハビリテーション病棟に転換

平成21年04月

いちき串木野市・日置地区脳卒中地域医療連携を設立し
地域連携計画管理病院となる

平成22年06月

DPC準備病院に登録

平成22年12月

別棟を増設しリハビリテーション施設を移転

平成23年01月

訪問リハビリテーション開始

平成23年08月

電子カルテシステム導入

平成24年04月

DPC対象病院

平成25年07月

さくらネット運用開始

平成25年08月

訪問看護ステーションさくら運用承認

 

住民の皆様に信頼され、愛される病院を目指して

  • 外来受付時間
    午前8:00〜11:00

    外来診療時間
    月〜金 8:30〜17:30
    土 8:30〜12:30

  • 当院は『在宅復帰支援』につながる
    ●回復期リハ病棟
    ●訪問看護ステーション『さくら』
    (介護保険事業所番号:4661890063)
    ●地域包括ケア病床が併設されています。

  • ID Link公式サイトはこちら

    地域医療連携サービス「ID-Link」を導入しています。
    医療連携ネットワークに参加しているため、診療情報を共有し一貫した医療が可能となります。また、重複した薬の処方